クレジットカード

クレジットカードの基本

・15歳以上は「デビットカード」を作れる。
・18歳以上は「クレジットカード」を作れる。

ここでは【15歳~17歳】と、【18歳~】に分けてオススメのカードを紹介します。

【15歳~17歳】にオススメは「デビットカード」「au WALLET」

スルガ銀行が発行するカードで、先の2枚と同じく「キャッシュカード一体型」の「VISAデビットカード」です。
世界172以上の国・地域で出金!ワールド・キャビット
全国のコンビニATMと、全国のゆうちょ銀行ATMでチャージが出来ますので、遠方に外出した時でも便利に利用することが出来るカードです。
提携ATMの利用も無料です。

【18歳~】にオススメは「デビットカード」「au WALLET」

「クレジットカード」のカードブランドで主なものは【VISA(ビザ)】【JCB(ジェーシービー)】【MasterCard(マスターカード)】です。

【VISA(ビザ)】
・カード発行数、加盟店舗数が世界で1位
【JCB(ジェーシービー)】
・日本唯一の国際カードブランド、世界シェアは5位。
【MasterCard(マスターカード)】
・【VISA(ビザ)】とよく比較対象になる。

【15歳~17歳】のカード

「デビットカード」と「クレジットカード」の違い

「デビットカード」
・【VISA(ビザ)】
・高校生や審査に落ちた方でも作れる。
・「デビットカード」は、銀行が発行するカードで、使ったお金は銀行口座の残高からその場で引き落とされます。
「後払い」では無く「即時払い」の決済方法をとっているので「審査」が不要です。

「クレジットカード」
・カード使用は18歳からです。
全ての会社で、高校生を除く18歳以上の方が申込み可能となっています。
※未成年は申込み時に「親権者の同意」が必要です。
・20歳を超えて社会人になれば「クレジットカード」を申込む時には、親権者の承諾は不要です。
・勤務年数や収入による審査があります。
・学生専用カードがある。学生専用カードは、利用限度額こそ多くないが審査通過は容易。

オススメの「デビットカード」

長い記事ですが、最終的に筆者が18歳〜22歳向けにお薦めしているカードは「三井住友デビュープラスカード」です。ぜひご検討ください。

18歳〜25歳が、クレカを使うシチュエーションとしては、

ネットショッピング(Amazon、楽天など)
ネットの有料サービス決済(iTunes/AppStore、アプリゲームなど)
街での飲食、買い物(洋服、ショッピングなど)
海外旅行(航空券の手配、現地での決済手段まで)

携帯電話の料金、公共料金の決済(スマートフォン、水道光熱費)
交通における決済(Suicaオートチャージ、新幹線の予約、高速バス予約など)

クレジットカードの名称:あおぞらキャッシュカード・プラス
年会費・手数料:永年無料(手数料も無料)
あおぞら銀行が発行する「あおぞらキャッシュカード・プラス」は、開設した口座の「キャッシュカード」と「デビットカード」が一体化されたカードです。

もちろん「VISA国際ブランド」がついている「VISAデビットカード」となっていて、全国の「ゆうちょ銀行」のATMでも手数料無料で利用出来ます。

ポイント還元率とは

買った金額に対して付与されるポイントの比率のことです。
「楽天カード」と「三井住友VISAデビュープラスカード」の場合、還元率が 平均1.5%〜3%です。
この場合、1000円の

【コラム】三井住友VISAカードの場合、「ポイントUPモール」を経由してAmazonや楽天、Yahooショッピングで買い物をするとポイント還元率が2倍に引き上げられます。
Apple Storeは期間限定でポイントが3倍です。
Macbookのような大きな買い物をするとき、ポイント3倍だと、だいぶお得感が違ってきますね。

「三井住友VISAデビュープラスカード」

デビュープラスカード
・18歳から25歳まで限定で、実質年会費を無料で使えるカードです。
年会費 実質無料(1年に1度使用すれば無料) 利用がない場合は税抜1,250円+税
入会特典 最大5,000円分のギフトカードをもれなくプレゼント

・26歳になると自動的に「三井住友VISAプライムゴールドカード」へランクアップされる
・最短で3営業日以内で発行することができます。

通常の三井住友VISAカードでは、ポイント還元率0.5%ですが、「三井住友VISAデビュープラスカード」では、ポイント還元率が1.0%です。
さらに入会して3か月間はポイント5倍、つまりポイント還元率が2.5%になります。

デビュープラスカードで新規入会キャンペーン及び素敵なウィンター応援キャンペーン実施中!
入会キャンペーン:条件を満たすともれなく5,000円のギフトカードプレゼント
素敵なウィンター応援キャンペーン:条件を満たすと最大10万円キャッシュバック

【特徴】
・与えられるポイント数が2倍(iD利用でもポイント2倍、入会3ヶ月間5倍)
18-25歳でもポイントが簡単に貯められるシステムになってます。
入会3ヶ月間はポイント5倍になる特典があります。
  入社して多くのお金を使う機会があるならば全てカード払いにすると
  他のカードよりも多くのポイントを貯められます。
・満26歳になると自動的にゴールドカードへ切り替わる
  持っているだけで自動的にゴールドカードになります。
  カードを使い続けられるという証拠ともなります。

・カードで購入した商品の破損・盗難による損害を、最高100万円まで補償
  購入した日から90日まで補償してくれます。

ギフトカードをプレゼント詳細
・カード発行で2,000円分
・マイ・ペイすリボの設定と利用で1,000円分
・「三井住友カードiD」の同時ご入会と「iD」利用で、1,000円
・iDの利用をしてキャンペーンにエントリーで1,000円キャッシュバック
キャッシュバックですが実質1,000円もらっているのと同じです。

素敵なウィンター応援キャンペーン詳細
[実施期間] 2015年12月1日~2016年2月29日 カードお申し込み分まで
[対象]
下記(1)(2)の両条件を満たされた本会員
(1)キャンペーン期間中、三井住友VISAデビュープラスカードに新規ご入会
(2)(1)でご入会された「三井住友VISAデビュープラス」にて
カード入会月の翌月末までに合計5,000円(含む消費税等)以上のお買物利用
[特典]
1等賞 : 10万円キャッシュバック × 5名
2等賞 : 1万円キャッシュバック × 25名
3等賞 : 500円キャッシュバック × 500名
[当選者の発表]
2016年8月のWEB明細書またはご利用代金明細書への表示をもって代えさせていただきます。

他のカード会社では、家族分のクレジットカードを発行してキャッシュバックの
割合を多くしている会社もありますがこのデビュープラスにはその条件はなく
達成しやすいものが条件となってます!
素敵なウィンター応援キャンペーンでは発行して5000円以上お買い物するだけでできます。
iDというのは電子マネーのようなもので携帯電話に付いているお財布機能を
使ってコンビニや自動販売機等で買い物をするというものでとても便利です。
これは自分に必要ないなと思うものは加入する必要はなく任意での加入に

↓カードの詳細と発行はコチラ↓(3営業日で発行可能です)

「楽天カード」

・楽天市場でのポイントが4倍(+3倍)となります。楽天を多く利用する人にはオススメのカードです。
カードを利用して還元されるポイントは全て楽天ポイントが入ります。

楽天カードに新規入会(エントリー不要)で2000P
さらにキャンペーンにエントリー&3月31日までにカードショッピングを1回以上利用すると5/20に5000ポイントもらえます。

たまに入会ポイント数が増加する場合があります
特徴
・楽天市場でのポイントが2倍
  通常よりも、楽天カード決済にすると2倍貯まります
・100円使うごとに1ポイント加算
  細かい支払いでもカードを使用すれば細かいポイントが貯まります。
・カード利用後日にメールで明細をお知らせ
  明細がメールで届き、いくら支払う必要があるのかと管理が楽です。
・海外旅行傷害保険
  海外旅行中の病気やケガを補償する、安心の保険サービスです。
  疾病治療費や賠償責任、携行品損害も補償いたします。
・カード盗難保険付き
  万が一、カードを不正に利用されても損害額を補償します。

詳細はコチラ↓

カードを作るべきタイミング

僕は15歳くらいからネットで日常的に買い物をしていたため、未成年の頃にクレジットカードが無いのは不便でした。ネットの買い物は、代引きやコンビニ決済。そこで、高校生でも作れるジャパンネット銀行のデビットカード(クレジットカードとほぼ同じ機能だが、与信=信頼という概念がなく、口座から即引き落とされるタイプ。限度額=預金額で、クレカと同じVISAです。)を活用したりしていました。
16歳〜17歳の方は、楽天銀行や、ジャパンネット銀行の口座開設にあわせてVISAデビット機能つきキャッシュカードを発行すると良いです(デビットカードはクレジットカードと同様に使えて、即時口座から引き落とされるのが特徴です)
クレジットカードの名称:JNB Visaデビットカード
年会費・手数料:永年無料(手数料も無料)

学生は審査に通る?学生は学生カードから

学生向けのカードとして利用限度額が月額10万円〜20万円程度の設定された、いわゆる「学生カード」

保険附帯のものがお薦めです(三井住友VISAカードなどは、海外旅行前に限度額を一時的に引き上げてくれるサービスも提供しています)

三井住友VISAプライムゴールドカードは、25歳以下で持てるゴールドカードとしては魅力的な1枚で、僕はメインで使っています。ベンチャー企業に勤めている22歳の友人でも審査に通っていました。20代系のゴールドカードは、デザインがダサかったりすることが多いのですが、こちらは個人的にも好きなデザインです。早い段階でステータスも意識していきたい、という方はぜひ検討してみてください。

キャッシング機能とリボ払いは基本的には使いません。 キャッシングは、最初から枠を用意しない、または最低額(1万円や3万円)に設定しておきます。リボ払いはカード会社がメール等で利用促進してくるため、便利なサービスだと勘違いをしてしまいますが、あくまで支払いを先延ばしにできるクレジットカードを使った借金です。

年会費が無料になっています。特徴は、ポイントが常に2倍(入会後3ヶ月間は5倍)で、この記事で書いてきたポイント特典生活を送り始めるには,ちょうど良い1枚だと感じました。たとえば大学4年間クレジットカードを使い続けると、ポイント利用で卒業旅行の航空券をタダで手配できるかもしれません。このカードは、26歳になると自動的に上位カードである「プライムゴールドカード」の招待状が届くそうです。また30歳になると、「ゴールドカード」にランクアップすることが約束されています。何よりこのカードは、最高ランクの「プラチナカード」のデザインをモチーフにしていると伺って驚きました。僕は個人的に、学生カードの多くはデザインがダサい!と思って敬遠してきましたが、これはダサくないカードとして、自分も使い始めています。

【ホットペッパビューティーを使ってサロンの予約をしている人】

「ジャパンネット銀行」が発行する「VISAデビットカード」で、JNB銀行の「キャッシュカード」として利用出来ます。

「JNB Visaデビットカード」は、15歳から持てる「デビットカード」で、もちろん年会費・手数料は完全無料、審査もありません。

「第三社不正使用保険」も付帯しているので、万一の不正利用にも安心して利用することが出来ます。

【海外旅行のためのクレジットカードを探している方】

海外旅行では旅行傷害保険の附帯が付いているカードが選択肢に入ると思います。盗難や紛失などのトラブル時に、すごく安心です(僕自身も財布を無くした経験が2回あり、お世話になりました)学生で海外旅行前にカードを契約したいというニーズのある方は、デビュープラスカードではなく、以下の2枚がお薦めです。

三井住友VISAクラシックカードgrey 18歳や20歳の大学生のお薦めクレジットカードと選び方、知っておいてほしいこと(学生)
【特徴】海外旅行傷害保険(最高2,000万円)/ ライフ&スポーツ賠償付 自転車保険(任意, 最高100万円) / ショッピング補償(最高100万円)など
三井住友VISAアミティエカードgrey 18歳や20歳の大学生のお薦めクレジットカードと選び方、知っておいてほしいこと(学生) ※ 満18歳以上の女性で学生の方(高校生は除く)
女性らしいデザイン / 海外旅行傷害保険(最高2,500万円)/ ケータイ利用料金でポイント2倍 など
ここで紹介しているカードは、数あるカードのごく一部に過ぎず、ユーザーである僕個人の実体験に基づいた感想ですので、皆さんじっくり比較検討して、自分にあったカードを探してみて下さい!

上記の3つは年会費、手数料が無料で、銀行のキャッシュカードと一体型の「VISAデビットカード」となっています。

この「デビットカード」1枚あれば、海外でも利用出来るので通常の「クレジットカード」を持っているのと同じ状況となります。

「クレジット」の意味は、使う方の考え方次第で変わります

「クレジットカード」が便利な理由の一つに、後払いでゆっくり支払が出来る点が挙げられます。

ですが、返済時には手数料が必要となります。(1回払い・2回払いは手数料不要)

例えば、5万円の商品を「クレジットカード」で購入したとします。

「リボ払い」を利用して5回払いで支払うと、月1万の返済を5ヶ月続けることになりますよね。

その場合の「手数料」は、約400円/月必要で合計約2,000円の「手数料」を支払うことになります。

では、先に1万円を5ヶ月間貯金したとすれば、5万円貯まりますよね。

貯まった5万円で買物をすれば「クレジットカード」を利用するよりも手数料分お得になりますね。

結果として、欲しいものを今直ぐ「クレジットカード」で購入して、5ヶ月支払うのか、5ヶ月貯金して購入するのか、考え方の違いだけなのです。

ただ「クレジットカード」が無いと決済が出来なかったりするので、アイテムとしての利用は「クレジットカード」が必要となってきます。

アイテムとして利用するのであれば「VISAデビットカード」でも、十分「クレジットカード」と同じように、利用出来ますよ。


Advertisement